体が痛いとき

整体の補助員の女性

身体の痛み、特に、腰、膝、肩、背中などの痛みの際は何か作業するのでさえ嫌になることもあると思います。
痛みとはそれだけ人のやる気すらも奪うものなのです。
このように痛みがある場合には、整形外科などの病院に行くことが多いと思います。
整形外科に行って治るひともいれば治らない人もいると思われます。
基本的に病院での治療方法は、痛みのある部分を集中的に治療するやり方です。
他に、原因があるのではないかと探ることはほとんどありません。
なぜなら、そこを集中的に、薬や手術によって治すことが可能だからです。
それとは逆に、そのようなことができないのが、整体です。
集中的治すだけでは痛みが治まらない場合が多いのです。
そこで、痛みの原因を探るのです。

痛みの原因を探ることを、トリガーポイントを探すという言い方をします。トリガーとは銃の引き金のことです。
引き金を引くことで銃は発砲することができます。発砲する要因となった場所がトリガーとなります。
ですので、痛みの要因となっているところをトリガーポイントと言うのです。では、身体の痛みに関してトリガーポイントを探すとはどのようなことなのでしょうか。
それは、腰や背中の痛みの際は、痛みがある部分だけを探るのでなく、その周りもしくはそこから離れた箇所を探るのです。そうするとコリやハリ、もしくは熱をもっている箇所があります。
そこがトリガーポイントなのです。それらを探すことが療術としての整体です。
それを行っている整体院が増えてきています。痛みのある部分ではなく、痛みの原因を突き止めていくところが早いのかもしれません。