それぞれの種類

整体中

療術とは、日本における手技療法や温熱刺激療法、電気療法などで行われる民間療法の呼称です。
明治期以降に大いに輸入された西洋医学が、日本政府の「医制」の発布により重要視されるようになった結果、民間療法として扱われるようになりましたが、日本でも古来から用いられている按摩や針、灸などに代表される東洋医学です。
整体は、脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢などの身体全体の骨格や関節の歪みやずれの矯正、骨格筋の調整などを手技や補助器具を用いて治療を行う療術の一分野です。
骨格筋のバランスや骨格・関節の歪みなどを考慮して施術することで身体全体を整えて体幹から四肢への脈絡の流れを良くし、脈絡改善により身体各部の症状の改善を目指すので、肩こりや腰痛などの治療に効果を上げています。

整体院は病気に罹った際に利用する一般的な病院とは異なるため、実際に整体を受ける前に注意する点を挙げていきます。
まず、整体は良い条件下で施術されることで、その効果を最大限に発揮します。
そのため、治療を受ける側も積極的に施療者に協力する必要があります。
整体をしやすい状況を作るために施術の間に身体が冷えないように注意して、動きやすいゆったりとした服装を用意することが大切です。
布団などの柔らかい場所の上で行う場合、柔らか過ぎると施術がうまくいかないことがあるので適度に硬いものを敷きましょう。
また、うつぶせになった時に枕やクッションを用いる場合には、腰に負担がかからないように注意が必要です。
そして、最も大切なことは、施療中はリラックスして身体を全て施療者に任せることです。